美白のために!紫外線と上手に付き合う為の5つの秘訣

紫外線は活性酸素を発生させて肌にダメージを与え、肌のシミ・シワ、たるみに加え、ひどい場合は皮膚ガンのリスクもある恐ろしい存在なんですよ。

444119

紫外線対策はいつでも常に意識する

紫外線対策というと、見た目に日差しが強い晴れた夏の間だけが必要と考えがちですが、実は年間とおして天気や時間帯に関わらず対策は必要なんです。

真冬の午前中でなおかつ曇っているからといっても油断は禁物ですよ。

紫外線は肌や頭皮にダメージを与えます。少し浴びる分にはメリットもありますが、基本的には避けるべきです。紫外線を浴びると肌の表面、体内の両方で...

衣服や帽子での対策

衣服や帽子など、UVカットの素材を使用したものを出来るだけ身に付けるようにしましょう。

帽子は特に、つばがなるべく長いものが理想です。ファッションとの兼ね合いもありますが、7~8㎝以上あれば顔への紫外線はかなり防げますよ。

帽子はかなり有効ですので年中外出時は着用したいですね。しかし帽子は薄毛になるとも言われますよね。実を言うと、これは対応次第なんです。

帽子で薄毛になるのは、頭皮が蒸される事で雑菌が繁殖し、頭皮環境が悪い状態になるためです。そうならない為には、ある程度は風通しの良い帽子を選んだ方が良いです。加えて汗を多くかいた日は特に念入りに洗髪すれば問題ありません。

むしろ帽子をかぶらずに頭皮に紫外線を浴びると、頭皮のターンオーバーが乱れて逆に薄毛の原因にもなりますね。頭皮にも紫外線を浴びせないよう意識しましょう。

室内などでも対策は必要

窓ガラス越しでも紫外線A波(UVA)は通り抜けますので、油断は出来ません。可能であれば、昼間窓ガラスに近い場所に居る人は、UVカットのフィルムなどを検討した方が良いでしょう。

また、車内でも結構日射しは入りますので、車の運転が多い方は紫外線をカットするフィルムを貼るなど、対策を実施した方が無難です。

皮脂膜を健全に保つ

肌には皮脂膜が生成され、肌を色んな外的有害物質等から守っています。

肌に対してバリアの役目を果たしており、紫外線も吸収して肌を守ってくれます。皮脂膜は他にも非常に重要な役割を担っていますので、健康に保つよう意識しましょう。

肌には皮脂膜が存在しますが、皮脂膜とはどんな化粧品よりもあなたに合った優秀な天然のクリームなんです。

皮脂膜の働きを邪魔しないためには日頃のスキンケアが重要ですね。しかしほとんどの人が誤ったスキンケアを実施しているんです。

肌トラブルの対策でやってしまいがちなのが洗いすぎる事。洗顔方法によっては肌トラブルを促進させることも!?

スキンケアで非常に重要なのは、洗顔料です。洗顔料は不要な皮脂や角質のみを適度に洗い流すだけでいいのですが、一般的に販売されている洗顔料には、必ずと言っていい程、有害な石油系界面活性剤が含まれています。

意外にも、洗顔料が肌トラブルの原因ということは十分にありえるんです。あなたは大丈夫?

石油系界面活性剤は強すぎる洗浄力によって肌にダメージを与えるだけでなく、肌を有害物質から守ってくれる皮脂膜までをも洗い流してしまうんです。

それに皮脂膜の原料である皮脂もほとんど洗い流してしまいますので、皮脂膜は正常に存在することが出来なくなってしまいます。

そういう状態が続けば、乾燥肌や敏感肌など、お肌のトラブルに発展する可能性が非常に大きいです。お肌のトラブルにお悩みの方は、洗顔料を一度見直してみると良いでしょう。オススメなのは肌に優しい無添加石鹸です。

洗顔料をなんとなくで選んでいませんか?実は洗顔料によっては肌にダメージを与え、肌トラブルの原因になるような商品が非常に多いんです。 私も敏...

日焼け止めの使用

日焼け止めも紫外線対策には有効ですね。しかし、肌への負担が少ない商品を選ぶようにしましょう。

SPFとは

日焼け止めを選ぶ際にSPFという数字が一つの指標になります。SPFは紫外線B波(UVB)に対抗する力を示しています。

SPFは1で20~25分の日焼け止め効果があるという事です。外出の際に日焼け止めを塗る際には外出時間を計算し、その時間に応じたSPFのものを使い分けるようにしましょう。

例えばSPF10のものであれば200~250分効果が持続しますので、4時間位の外出であれば、SPF10で十分なんです。

SPF50というのもありますが、1000~1250分で20時間近くもの効果という事になりますね。日照時間から考えて、普通は必要ないでしょう。

SPFの数値が大きい物ほど肌への負担も強くなります。通常であればSPF10以下で十分な場合が殆どなんです。また、汗によって取れてしまいますので、一定時間ごとに塗り直す事も必要です。

日焼け止めは刺激が少ない、肌にダメージを与えない商品を選びましょう。

紫外線は肌の表面や体内に活性酸素を発生させます。体は紫外線からのダメージで、光老化という通常の老化にプラスするかたちで老化を促進されます。

PAとは

PAは紫外線A波(UVA)に対する防止効果の度合いです。4段階あり+の数で表されます。

・PA++++:極めて高い効果
・PA+++ :非常に効果がある
・PA++ :かなり効果がある
・PA+ :効果がある

あいまいですよね。PAはシワなどの影響を表したもので、個人差などもあって明確に数値化が困難との事。PA++位でも効果は十分と考えて良いでしょう。

こちらの値もSPF同様、効果が高いほど肌へのダメージが強まる傾向があります。低刺激のものをこまめに塗るのが肌の健康を損なわずオススメですよ。

また、日焼け止めも合成界面活性剤や防腐剤など、肌に悪影響をおよぼす化学物質が入っていない商品を選びましょう。

紫外線は肌の表面や体内に活性酸素を発生させます。体は紫外線からのダメージで、光老化という通常の老化にプラスするかたちで老化を促進されます。

サングラスは逆効果の場合も

紫外線対策でサングラスを使用する人も多いでしょう。

目に紫外線が入ると、体は防御反応としてメラニン色素を作ります。ですので紫外線をカットするサングラスは日焼け対策として有効ですが、選び方を間違えるとメラニン色素を過剰に発生させる可能性があるんです。

サングラスってだいたい黒っぽくてかけると周りが暗く見えますよね。当たり前ですね。暗い状況だと、目はより光を集めようとして瞳孔が開きます。

色の濃いサングラスをすると、大きく瞳孔が開くんですね。そうなるとより多くの紫外線を目から取り入れやすくなります。

UVカットのレンズであれば良いのですが、黒いだけであまりUVカットできないレンズであれば、体は勘違いして過剰にメラニン色素を生成してしまい、シミの原因になるんですよ。

ですのでサングラスは出来るだけ色の薄いものを選ぶようにしましょう。機能的にも紫外線透過率の低い商品を選択するのは言うまでもありませんね。

紫外線対策は可能な限りあらゆる手段を使う

紫外線は年中日常的に存在しますので、常に意識して対策を立てる必要があります。

常に意識すれば、生活習慣と同じで気にせずとも実施できるようになります。まずはあなたが出来る事から実行し、いずれは万全の体制で紫外線を迎え討ちましょう。対策をするかしないかで、肌年齢に大きな差が出るのは間違いありませんよ。