日焼けの種類?危険な日焼けサンバーンとは?

紫外線を浴びると日焼けをしますが、日焼けの程度や対策状況、個人差によってもその度合いは変わります。

日焼けにも種類がありサンバーンは危険

日焼けには2種類のタイプがある

日焼けのタイプによっては肌が深刻なダメージを受けている場合もありますので、状態によって適切な対応をとるようにしましょう。日焼けには皮膚の変化や程度などによって2種類のタイプに分けられます。

・サンタン
・サンバーン

サンタン

サンタンとは程度の軽い日焼けで、メラニン色素の色素沈着により起こります。紫外線の中でも波長が長く、比較的エネルギーの弱いUVAによって引き起こされます。肌の症状としては、黒っぽくなり痛みなどはありません。

紫外線は肌や頭皮にダメージを与えます。少し浴びる分にはメリットもありますが、基本的には避けるべきです。紫外線を浴びると肌の表面、体内の両方で...

この段階ではメラニン色素が紫外線を吸収し、肌内部までは至っていない場合が多いです。つまり、メラニン色素が肌を守ってくれている状態です。

しかし安心はできません。普通は肌のターンーバーによって角質層が生まれ変わり元通りになりますが、メラノサイトがメラニン色素を作りすぎるとシミの原因になります。軽く日焼けした場合でも、アフターケアをしっかりやる必要があります。

紫外線を極力避けていても、どうしてもある程度は浴びしまう状況もありますよね。そんな時にはタイプに応じたアフターケアをしっかり施さないと肌は大...

サンバーン

肌が炎症を起こして赤くなり、ひどい場合は水ぶくれなど、やけどに近い状態となります。主に紫外線の中でも波長が短く、エネルギーの強いUVBが起因します。肌の症状は、赤く腫れてヒリヒリと激しい痛みを伴う場合もあります。

日焼け対策をせずに海などに行って、苦い経験をした人も多いでしょう。ひどい場合は衣服を着るのも辛くなりますね。

紫外線は活性酸素を発生させて肌にダメージを与え、肌のシミ・シワ、たるみに加え、ひどい場合は皮膚ガンのリスクもある恐ろしい存在なんですよ。

この状態は、メラニン色素が紫外線を防御しきれていません。つまり、肌の表面で食い止めるはずのUVBが肌の奥まで到達し、細胞を損傷します。当然肌は深刻なダメージを受けることになります。

やけどとほぼ同じ状態ですので、日焼け部分を冷やして安静にしておくのが無難です。症状がひどい場合は病院で診てもらった方が良いでしょう。たかが日焼けと簡単に考えない方が良いです。

紫外線を極力避けていても、どうしてもある程度は浴びしまう状況もありますよね。そんな時にはタイプに応じたアフターケアをしっかり施さないと肌は大...

それにサンバーンを繰り返すとDNAまでをも損傷しかねません。そうなると皮膚ガンに発展するケースもありますので、対策は必須と言えます。

サンバーン、サンタン、なりやすさには個人差がある

日焼けには個人差もありますよね。色白の人は、ちょっと紫外線を浴びただけでも、肌が炎症を起こしてサンバーン状態になりやすいんです。

これはメラニン色素の生成が不十分なために起こる状態です。一方、メラニン色素が活発に分泌される人はサンバーン状態にはならず、サンタンの状態になっているケースが多いです。

例えばあなたが友人と数人で外出した場合。同じ日焼け止めを使い、衣服も似たような格好していても、真っ赤になる人と赤くはならずに数日後黒くなる人に別れる場合がありますよね。

これは個人差でメラニン色素を分泌できる量が異なるからなんです。

・メラニン色素を作る能力が高い⇒サンタンになり易い
・メラニン色素を作る能力が低い⇒サンバーンになり易い

色白の人はもともとメラニン色素の生成能力が弱いので特に厳重な対策が必要です。いずれにしても可能な限りの対策は必要です。特にサンバーンになりやすい人は注意して紫外線対策を実施しましょう。

紫外線は肌の表面や体内に活性酸素を発生させます。体は紫外線からのダメージで、光老化という通常の老化にプラスするかたちで老化を促進されます。

日焼け対策はどちらのタイプも必要

サンタンとサンバーン、2種類の日焼けがあるわけですが、共通してどちらも忘れた頃には元通りになる事が殆どです。

特に若いうちは代謝が活発で肌のタンオーバー周期も短く、たまに日焼けをしたとしても数日で回復します。

肌のトラブルなどにお困りの方で、どうにかしたいと色々対策を考えている人も多いでしょう。対策を実施する前に、 まずは肌の構造を理解する事で、よ...

しかし紫外線は確実に肌内部に蓄積して活性酸素を発生し、年をとる毎にシミやたるみが増していきます。若いころに受けたダメージはなくなる事なく、あなたを確実に老化させるのです。早い段階から紫外線対策を実践しておけば、美しさを保つ期間が伸ばせるわけです。

その為に、まずは極力日焼けをしないように対策し、日焼けをした場合はサンバーン、サンタン、どちらの状態になっているかを見極め、タイプに応じた適切な対応を取るようにしましょう。

日頃の対策次第で、あなたが歳を取ってから大きな差が発生しているはずですよ。