美肌に欠かせない皮脂膜の4つの役割

肌には皮脂膜が存在しますが、皮脂膜とはどんな化粧品よりもあなたに合った優秀な天然のクリームなんです。

皮脂膜は天然のクリーム

スキンケア用品選びで大事なのは、皮脂膜にダメージを与える化学物質が極力入っていないものを選ぶことです。

そのうえで、肌に必要な成分を効果的に取り入れる商品を選ぶべきなんです。 どんなに良い化粧品を選ぶよりも皮脂膜を健康に保つことの方が重要ですよ。

皮脂膜の役割とは

肌の一番表面は角質層であり、バリアの役目を果たしています。

肌のトラブルなどにお困りの方で、どうにかしたいと色々対策を考えている人も多いでしょう。対策を実施する前に、 まずは肌の構造を理解する事で、よ...

さらにこの角質層を詳しく見ると、その表面には皮脂膜があります。 皮脂膜には皮膚常在菌が数えきれないほど存在し、自然な保湿成分を形成してくれています。

皮脂膜は皮脂や垢、汗などから皮膚常在菌が作っていますが、どんなクリームより効果が高い、 あなただけのオーダーメイド天然クリームなんですよ!

この皮脂膜には多くのありがたい役割があります。

肌の表面を保湿し乾燥を防ぐ

皮脂膜は人間の体の表面温度付近で液状となって広がり、肌の表面全体に膜を作っています。 この膜によって肌の水分が蒸発するのを防いでいます。

皮脂膜は角質層の中にまで浸透しており、角質層に潤いを与え、角質細胞同士の結合を強くしてくれます。 つまり、角質層の水分保持にも貢献しています。この作用により、必要な角質層が剥がれ落ちるのも防いでくれます。

肌を弱酸性に保ち悪玉菌の繁殖を防ぐ

皮脂膜は弱酸性に保たれていますが、一般的に細菌などは酸に弱いです。 この性質により肌の表面で悪玉菌の繁殖を防ぎ、異物や病気の原因になるような細菌、ウイルスが皮膚内へ侵入するのを防止します。

つまり皮脂膜は殺菌力を持った天然のバリア膜というわけです。敏感肌やアレルギーになるのを防いでくれますよ。

紫外線から体を守る

紫外線によって活性酸素が発生し、老化は促進されます。 紫外線による老化は光老化と言い、通常の老化に上乗せする形であなたの皮膚などを老化させるんです。 なので、紫外線は極力避けるべき存在ですね。

紫外線は活性酸素を発生させて肌にダメージを与え、肌のシミ・シワ、たるみに加え、ひどい場合は皮膚ガンのリスクもある恐ろしい存在なんですよ。

しかし完全に紫外線を浴びないようにするのは困難です。 浴びた紫外線を肌に侵入しないようにするべきですが、皮脂膜には紫外線を防ぐ働きもあります。

肌の表面の皮脂膜、角質層やセラミドは、紫外線を吸収し、肌の奥に侵入するのを食い止めます。 ですので皮脂膜が健康に保たれているとシミやくすみが出来にくくなるんですね。

温度変化から守ってくれる

皮脂膜は熱を伝えにくい性質があります。 熱を伝えにくいということは、断熱材のような効果が期待できるという事。 つまり、暑さや寒さから守ってくれるわけです。

皮脂膜はいつでもあなたの体の表面に存在している訳ですから、 年間を通して、快適な温度に少しでも近づけてくれているんですね。

意外な効果と思われる方も多いでしょう。 しかし、それだけ皮脂膜を健全に保つのは重要な事なんです。肌を美しく保つだけでなく、老化を予防し健康を保つ為の様々な役割を担っているんですよ。

肌バリアを強く保つ方法

肌バリアを強くするには皮脂膜を最適な状態に維持する事が重要です。

肌バリアを壊す成分を避ける

肌バリアを健全に保つには皮脂膜にダメージを与えない事が重要です。肌バリアを壊す化学物質が入った化粧品等は極力使わないようにしましょう。

最も避けたいのは石油系合成界面活性剤です。 本来混ざらないはずの水と油を混ぜるためのもので、かなりの商品に使用されています。

油と混ざる性質のある合成界面活性剤。皮脂膜は油ですので、合成界面活性剤と結びつきやすく、結果、肌バリアが弱くなってしまいます。

他にも防腐剤や着色料など、余計な化学物質は極力避けるべきです。これらの化学物質は、過酷な流通環境などでも劣化しないようにと配合されています。しかし、肌にとっては全く必要のないどころか、かなりマイナスの要因になるものが多いです。

肌を美しくするための化粧品のはずが、肌にダメージを与えてトラブルになるようならまさに本末転倒ですよね。一般的にはそのような商品が数多く出回っていますので、実はあなたも知らないうちに有害な物質を体に取り込んでいる可能性が高いんですよ。

意外にも、洗顔料が肌トラブルの原因ということは十分にありえるんです。あなたは大丈夫?

このような危険な商品を避けるには、特に注意して対応する必要があります。 安全な商品は手に入りづらい状況というのが現在の日本の状況ですね。悲しいですが。

日常的な事なので対応するのは面倒なことが多いです。 しかしトラブルが発生してからだともっと面倒なことにもなりかねません。

ですので、予防の意味でも安全な無添加石鹸を選んだ方が良いわけです。

洗顔料に石鹸を検討する方も多いですが、石鹸が洗顔料としてどうなのか、石鹸ならどのようなものを選ぶべきか、悩む人も多いでしょう。

皮脂膜を適度にリフレッシュする

皮脂膜は非常に重要でお肌には欠かせない成分ですが、 原料は全てあなたの体から分泌された皮脂や垢、汗で出来ています。 もちろん防腐剤など入っていません。当たり前ですね。

ですので肌の表面に放置されたままだと、酸化などにより劣化して肌に悪影響を及ぼします。 優秀な機能を持った皮脂膜ですが、古いものは適度な洗顔によって洗い流す必要があります。

その際に使用するのは、皮脂膜に近い天然成分のものを使う方が良いのは言うまでもありません。 そのような作用をもつもので、なおかつ安全に使用できる洗顔料を選択することが重要ですね。

洗顔料をなんとなくで選んでいませんか?実は洗顔料によっては肌にダメージを与え、肌トラブルの原因になるような商品が非常に多いんです。 私も敏...